2018年7月12日木曜日

ストレングスアプローチ

こんにちは、たすく札幌円山教室の山口拓です。
札幌の街を歩くと、少しずつ半袖姿の方を見かけるようになってきました。
ですが、夏の陽気はまだ訪れず、長袖が手放せません。

さて、札幌円山教室では先日教材マスターの集いが行われました。
たすくメンバーの保護者の方々が、各ご家庭で行なっている取り組みを発表し合い、
学び合うスタイルの学習会です。
今回はたすく創業の時から鎌倉の教室で療育を続けてられているお母さんに発表していただきました。
まだ療育を始めたばかりの方が多い札幌教室において、
参加されたお母さんたちからは予想通りの驚きの声が多く挙がりましたが、
それと同じくらい「(発表者)さんのようにやるにはどうしたらよいか」、
「(発表者)さんのここを参考にしたい」と参加者みなさんから聞くことができました。

家族の強さを信じて、協働支援者として位置づける。そんな家族への関わり方を「ストレングスアプローチ」とたすくでは呼びます。家族は支援される対象ではなく、いついかなる時も、子どもたちの豊かな生活を築く中心的な存在です。
私たち支援者は豊かな水源として、ご家族自身が持つ解決策を具体化するお手伝いや一緒に子育てをがんばっていく仲間づくりのお手伝いをしていきます。そのことが一貫性と継続性のある支援体制を構築するためには不可欠だからです。
真のニーズは当事者にしかわからない。
これからもご家族との学びの機会を大切にしていきます。



2018年4月18日水曜日

お子さんを理解したい

ずっと一緒だよ!
一貫性と継続性のある支援を!
たすくグループは発達障害の専門家集団です。 一人ひとりのお子様に応じて理解し,それぞれに最適な療育方法をご提案します。 たすくは自閉症,アスペルガー,ADHD,LD(学習障害)など幅広い発達障害の療育に携わり, 10年の歴史がある療育専門機関です。


たすく札幌では,
『早期発達支援』に参加するメンバーを募集しております。

子どもを理解することを優先した療育の型を活用して,
一人一人に応じたオリジナルのプログラムを作ります。

 長く通ってきてくれたSさん母は,メンターとして関わってくださっています。
「子どものことが,よく理解できた。だから,子育てが楽しい」とおっしゃる
一言に,母親の愛情を感じます。
 そして,“主役はご家族であること”を強く再認識します。


発達支援でお悩みの方,札幌教室で説明会にご参加ください。

【開催日】平成30年421日(土) 7日(土)終了.14日(土)終了.
【時 間】説明会10:30-11:30 ,個別相談会(アセスメント)13:00-18:00
【場 所】たすく札幌・発達支援室
【定 員】10名+アセスメント5名
【申込み】sapporo@tasuc.com 

〔たすくHPはこちら http://tasuc.com 〕




2018年4月2日月曜日

札幌教室の療育プログラムをお伝えします

4月から開校した札幌教室は,
たすくの療育プログラムを受講できる3つの教室があります。

1)発達が心配な幼児とそのご家族のための親子教室『早期発達支援』
2)発達障がい・グレーゾーンの生徒のための『自立の学校』
3)たすくメソッドに基づくご家族と協働した個人別療育『たすく療育・札幌』

子どもを理解することを優先した療育の型を活用して,
一人一人に応じたオリジナルのプログラムを作ります。


まずは,札幌教室で説明会にご参加ください。お待ちしています。

【開催日】平成30年47日(土).14日(土).21日(土)
【時 間】10:00〜
【場 所】たすく札幌・発達支援室
【定 員】10名+アセスメント5名
【申込み】sapporo@tasuc.com




2018年3月31日土曜日

新しい学習指導要領が刊行


こんにちは,たすく札幌円山の三浦です。

ご存じの方も多いかと思いますが,
いよいよ文部科学省から新しい学習指導要領が刊行の運びとなりました。

しっかり読み進めて,より良い特別支援の実践に繋げたいですね。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/main/1386427.htm


いくつかの要点がまとめられていますが,その中で
『一人一人に応じた指導の充実』のためには,アセスメントが重要だと考えます。
例えば,私たちは,
お子さんの状態像の理解に留まらず,明日からの具体的な目標設定を行っていきます。

また,『自立と社会参加に向けた教育の充実』にむけて,
私たちは,一人一人の目標設定を,ゴールから考えいくプログラムで応じます。
例えば,生涯にわたって利用可能である“機能的な目標”を設定したり,
適した療育の形態を用意したりすることです。

一貫性と継続性のある特別支援教育を実現するために,
札幌教室の使命を果たしていきたいと思います。 






2018年3月25日日曜日

ALL FOR CHALLENGED

発達障がいの理解と啓発のため、ピンバッチを制作しました。


発達障がいのある子どもたちにー貢性と継続性のある教育と支援を !
私たちは,子ども達のチャレンジを全力で応援します。

ALL FOR CHALLENGED

「我々は彼らのどんな挑戦も応援し続ける」という意味が込められています。


2018年3月3日土曜日

札幌円山に安心安全の拠点

 こんにちは,たすく札幌円山の山口です。

先日2月26日大安の日に,待望の教室が完成しました。
2008年,鎌倉市由比ガ浜から始まったアセスメントと療育の教室が,
いよいよ札幌に開校いたします。
アセスメントと療育を行う『たすく札幌円山教室』,2018年4月開校です。
発達が心配な全てのお子さんを対象とした教室です。

北海道は、弊社の創業メンバーが学生時代を送り、発達支援に関する基礎を学んだ故郷。
だから,「いつか札幌に戻ってくるぞ!」と思い,
この10年間,北海道の熱意ある保護者と専門家のみなさんと一緒に
実践的な研修会やアセスメント講座などを継続してきました。
今回,その故郷で、発達支援に関する恩返しができる機会をいただきました。

教室は,市営地下鉄西18丁目駅から徒歩3分。
円山裏参道入口にあります。
職人さんがひとつひとつ手作業で貼ってくれたカーペットやクロス、
取り付けてくれた各部品の数々、とても丁寧に仕上げて下さっています。
ずっと待ち望んでいた教室の完成を見届けられたのは、本当に感動しました。

私たちの夢の教室を子どもたちの笑顔でいっぱいにしたい。
チャレンジドが自らの夢を描き、その夢に向かって挑戦する機会を提供し続けます。

3月11日、弊社代表による教育講演会が行われます。




2018年1月28日日曜日

円山裏参道公園前にある教室

 たすく札幌円山教室は,2018年4月にオープンします。
とても寒い日が続き,雪に囲まれている教室付近を歩いてきました。

雪道でも,地下鉄西18丁目の地上出口から,徒歩5分ほどで到着。
路面が凍っているけれど,しっかり除雪されて歩きやすかったです。

円山裏参道公園では,いつも小さな子どもたちが元気に雪遊びをしています。
子どもたちの元気な声が届きそうな目の前に,教室はあります。
現在,順調に改装工事が進んでおります。
完成した教室では,以下のプログラムを準備していきます。

☆アセスメント
☆早期発達支援
☆個人別の課題学習
☆身体づくり
☆ソーシャルスキルプログラム
☆メンタープログラム

【お知らせ】
2月11日(日),発達支援に関するたすくの学習会・相談会を開催
〈テーマ〉「正しい子ども理解に基づく療育・教育」
〈期 日〉平成30年2月11日(日)10:30〜11:30〈会 場〉札幌生涯学習センターちえりあ研修室
 ※相談会は個別に予約承ります


2018年1月21日日曜日

札幌市で今年1回目の保護者学習会

1月21日,たすく札幌円山教室は、ご家族を対象とした学習会を実施しました。
今回のテーマは,「正しい子ども理解に基づく療育・教育〜認知・言葉・行動・身体・社会性を伸ばす〜」です。


私たちは、お子さん一人一人に応じた指導内容を、
アセスメントを通じて常に評価・改善しながら取り組むことを心がけています。

豊かな【活動〈社会参加〉】を目指すために、意欲(心理),主体性(行動),あたま(認知),コミュニケーション(言語聴覚),からだ(感覚統合)、構造化(物的環境),支援技術(人的環境),健康維持を合わせたアセスメントを行って、トータルアプローチを行うことを大切にしています。



すべては、アセスメントから始まるのです。



終了後には、「わかりやすかった」「衝撃を受けた」などというご感想を頂きました。


これから札幌の地で多くの専門家や支援者と協働し、
お子さん一人一人に応じたプログラムを提供できるよう取り組んでいきます。
*****************************
次回学習会への参加受付中です。
【期日】2月11日(日)10:30〜11:30 
【会場】札幌市生涯学習センターちえりあ

個別相談を承ります(無料・要予約)
【2月予定】①11日(日)午後・②12日(祝)午前・③17日(土)午前午後・④18日(日)

お問い合わせ:info@tasuc.com
*****************************


2018年1月13日土曜日

早期からお子さんを正しく理解する

 2018年4月たすく札幌円山教室を開設します。

私たちは,早期の発達支援のための療育に力を入れていきます。
ポリシーは,『お子さんのことを,理解することから療育を始める』こと。



“アセスメント”,“専門機関での療育”,“家庭療育”のすべてで
スタッフと家庭が協働して子どもたちの支援にあたる仕組みが大切です。
それが,一貫性と継続性のある支援体制の構築につながるからです。



今日は,保護者学習会があって,参加してきました。
テーマは,お子さん感覚処理の問題を理解と対応例です。
お二人の事例をとおして,
困っていること,その理由,対応策などを共有しました。
成長した先輩メンバーの事例をみることで,
具体的な支援方法のアイディアが浮かびます。


ちょうど,入会を検討している年中さんのお母さんが参加していて,
「もっと子どものことを分かってあげたい・・・」とおしゃっていました。



私たちは,早期の発達支援の段階で,
正しい子ども理解のためのアセスメントをとおして,
家族を支える周囲に満ちる豊か水源になりたいです。



2018年1月10日水曜日

たすく札幌円山教室を開設いたします

 明けましておめでとうございます。
2018年4月,たすくグループは,たすく札幌円山教室を開校します。

 私たち“たすくグループ”は、「挑戦する子どもたちとその家族のための
一貫性と継続性のある療育アプローチができる支援体制を築く連合組織
Total Approach Support Union for Challenged children and their families)」の
頭文字TASUCを社名に掲げ、チャレンジドである子どもたちのための支援システムを、
全国の支援者の方々と築いていくことを目指しています。

 神奈川県鎌倉市で創業して10年目を迎え、早期の発達支援のための療育、
学齢期の学習支援、18歳以降のキャリア教育の特別支援型大学、訓練型グループホーム、
学校コンサルテーションを事業の柱として、一貫性と継続性のある支援の仕組みを整えて参りました。

 このたび、2018年4月,発達が心配な全てのお子さんを対象として、
アセスメントと療育を行うための『たすく札幌円山教室』を開設する運びとなりました。

 北海道は、弊社の創業メンバーが学生時代を送り、発達支援に関する基礎を学んだ故郷です。その故郷で、発達支援に関する恩返しができる機会をいただきました。

 私たちの発達支援は、ご家族や支援者と一堂に会して、お子さんのことを理解するアセスメントを行い、そこから療育を始めることに特徴があります。

 お子さんの認知やことば、行動面、身体の不器用さ、社会性の状態と将来への道筋を共有することが大切だと考えているからです。

具体的には、個人別の課題学習身体づくりソーシャルスキルペアレントメンターを行うプログラムです。

 これから、札幌地域のご家族の皆様,療育・教育・医療・福祉の支援機関の皆様との
ネットワークを重視し、発達に関する何かが心配であるお子さんのサポート体制を用意していきたいと存じます。

今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【教室情報所在地:〒064−0802札幌市中央区南2条西20丁目2−1ワコービル22F 絡先:〈電 話〉0467-23-2156本部代表  〈メール〉info@tasuc.com