1年間の療育の成果を確かめる

たすく札幌は、9月に4家族のたすくアセスメントを行いました。
そのうち2組は、昨年に続けて2回目のアセスメントでした。
昨年のアセスメント以降、たすく札幌の様々なプログラムに通っていただいたり、家庭でコツコツと課題学習を積み重ねてきたりしたご家族です。

子どもたちの得意・不得意の状態は、外見からは分かりにくいですね。
それは「支援者に分かってもらいにくい」、「支援者に伝えにくい」とも言えます。
それを深く理解するアセスメントです。

実は、初めの頃は、どうしても「機能的な目標」の結果に目が奪われがちです。
いわゆるパフォーマンスとしての強み・弱み。

しかし、子どもたちが困っているのは、そこではありません。
個々のポイントが異なりますが、子どもたちは、自ら情報を入手し、
それを判断し、解決のために行動を遂行する過程で困っています。


2年目を迎えるご家族は、
この1年間で保護者勉強会を通じて知識を得て、
日々のご子息との課題学習を通じて、指導の手応えと難しさを体感してきました。
それは、ご子息が本当に困っていることは何か?を理解が深まる1年間でした。



そうした中での2回目のアセスメントのテーマは、
『1年間の成果と課題、J⭐︎sKepsアプローチと機能的な目標を再評価』。
努力は裏切りませんね、子どもはしっかり成長しています。
そして、熱心に子育てをなさってきた
ご家族の「理解力」「子育て力」は、格段に上がっています。




ずっと一緒だよ!

たすくグループは発達障害の専門家集団です。
一人ひとりのお子様に応じて理解し,それぞれに最適な療育方法をご提案します。

たすくは自閉症,アスペルガー,ADHD,LD(学習障害)など幅広い発達障害の療育に携わり,10年の歴史がある療育専門機関です。
たすく札幌教室は、2018年より開設いたしました。

私たちは、一年に一度、ご家族とスタッフが一堂に会するアセスメントを軸として、共に未来に向けた療育プログラムを作成し、ご提案いたします。

お子様の困り感に寄り添い、一つひとつスモールステップを踏みながら、一貫性と継続性のある支援を一生涯をとおして行っていく基盤をご用意しています。


コメント


ボタンをクリックするとたすくのWebサイトにジャンプします

たすく札幌教室では、個別相談会や勉強会などを開催中です!

詳細はたすく札幌教室の紹介ページをご覧ください。

【アクセス】
住所:〒064-0802 札幌市中央区南2条西20丁目2-1ワコービル2F

このブログの人気の投稿

毎日の生活が療育

困っていることが目立ってくる前に

一人で帰宅する力をつける