一人で帰宅する力をつける

QOLを高める
たすく札幌では、一人一人のお子さんの自立を目指しています。
そのために、学校生活をはじめ、地域や家庭場面など
社会生活全般での生活力を身につけることを大切にしています。
それが、ご本人のQOLの向上や将来の就労支援の重点要素だと考えているからです。

その機能的な目標の1つは、「一人で移動する力」を伸ばすことです。
私は、函館での学生時代と初任時代から、ご家族と協働して、
移動する力を伸ばすことを教えられてきました。
全盲の子供、弱視の子供、ASD、ダウン症、知的障害の子どもたちと
一緒に、年齢やルートに応じて挑戦してきました。


door-to-doorが当たり前?
しかし、私が12年ぶりに北海道に戻ってきて、札幌でみた光景は、
玄関先までの車移動が当たり前になっている現実でした。
青年期を支援している専門家の方々からも、
10年後、今の子どもたちが大人になった時に
どれだけ地域で生活する力をつけているのか?心配する声を聞きます。

知的障がいのあるASDの方は、日常生活の移動において
「スクールバス」や「ガイドヘルパー」「送迎サービス」等を
利用するケースが多いです。私は、それらを利用して移動できることも
大切なスキルの1つだと思います。
















しかし、近所の店や実習先や職場などへ移動する力を備えないまま、
高等部の卒業を迎えているという現実も忘れてはいけません。
そして、その力が十分でないことを理由に、
就労にチャレンジできなかったり,
参加できる活動が制限されたりしている事実があります。
未学習だったり、学習時間が少し足りなかったりするのです。


だから、ゴールから考えた目標設定と、
計画的な学習経験が欠かせないと思うのです。
一朝一夕では身につかない(完成しない)大切なスキルだからこそ、
各ライフステージでサポートに関わる全員が
『ご本人のQOLの向上や将来の就労支援の重点要素』を考えて、
繋ぎながら学習を継続して、習得してもらいたい。

いつから練習したらいい?













たすく札幌でも、移動移動を始めます。
それは、初めに最寄り駅・バス停からの徒歩、
次にバス・電車などの公共交通機関の利用、公共マナーを守る等を段階的な指導の展開です。






✨6月の個別相談を受け付け中

ずっと一緒だよ!一貫性と継続性のある支援を!

たすくグループは発達障害の専門家集団です。
一人ひとりのお子様に応じて理解し,それぞれに最適な療育方法をご提案します。

たすくは自閉症,アスペルガー,ADHD,LD(学習障害)など幅広い発達障害の療育に携わり,10年の歴史がある療育専門機関です。


私たちは、一年に一度、ご家族とスタッフが一堂に会するアセスメントを軸として、共に未来に向けた療育プログラムを作成し、ご提案いたします。

お子様の困り感に寄り添い、一つひとつスモールステップを踏みながら、一貫性と継続性のある支援を一生涯をとおして行っていく基盤をご用意しています。






コメント


ボタンをクリックするとたすくのWebサイトにジャンプします

たすく札幌教室では、個別相談会や勉強会などを開催中です!

詳細はたすく札幌教室の紹介ページをご覧ください。

【アクセス】
住所:〒064-0802 札幌市中央区南2条西20丁目2-1ワコービル2F

このブログの人気の投稿

一人ひとりに応じた構造化とは

毎日の生活が療育

困っていることが目立ってくる前に