2018年3月31日土曜日

新しい学習指導要領が刊行


こんにちは,たすく札幌円山の三浦です。

ご存じの方も多いかと思いますが,
いよいよ文部科学省から新しい学習指導要領が刊行の運びとなりました。

しっかり読み進めて,より良い特別支援の実践に繋げたいですね。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/main/1386427.htm


いくつかの要点がまとめられていますが,その中で
『一人一人に応じた指導の充実』のためには,アセスメントが重要だと考えます。
例えば,私たちは,
お子さんの状態像の理解に留まらず,明日からの具体的な目標設定を行っていきます。

また,『自立と社会参加に向けた教育の充実』にむけて,
私たちは,一人一人の目標設定を,ゴールから考えいくプログラムで応じます。
例えば,生涯にわたって利用可能である“機能的な目標”を設定したり,
適した療育の形態を用意したりすることです。

一貫性と継続性のある特別支援教育を実現するために,
札幌教室の使命を果たしていきたいと思います。 






2018年3月25日日曜日

ALL FOR CHALLENGED

発達障がいの理解と啓発のため、ピンバッチを制作しました。


発達障がいのある子どもたちにー貢性と継続性のある教育と支援を !
私たちは,子ども達のチャレンジを全力で応援します。

ALL FOR CHALLENGED

「我々は彼らのどんな挑戦も応援し続ける」という意味が込められています。


2018年3月3日土曜日

札幌円山に安心安全の拠点

 こんにちは,たすく札幌円山の山口です。

先日2月26日大安の日に,待望の教室が完成しました。
2008年,鎌倉市由比ガ浜から始まったアセスメントと療育の教室が,
いよいよ札幌に開校いたします。
アセスメントと療育を行う『たすく札幌円山教室』,2018年4月開校です。
発達が心配な全てのお子さんを対象とした教室です。

北海道は、弊社の創業メンバーが学生時代を送り、発達支援に関する基礎を学んだ故郷。
だから,「いつか札幌に戻ってくるぞ!」と思い,
この10年間,北海道の熱意ある保護者と専門家のみなさんと一緒に
実践的な研修会やアセスメント講座などを継続してきました。
今回,その故郷で、発達支援に関する恩返しができる機会をいただきました。

教室は,市営地下鉄西18丁目駅から徒歩3分。
円山裏参道入口にあります。
職人さんがひとつひとつ手作業で貼ってくれたカーペットやクロス、
取り付けてくれた各部品の数々、とても丁寧に仕上げて下さっています。
ずっと待ち望んでいた教室の完成を見届けられたのは、本当に感動しました。

私たちの夢の教室を子どもたちの笑顔でいっぱいにしたい。
チャレンジドが自らの夢を描き、その夢に向かって挑戦する機会を提供し続けます。

3月11日、弊社代表による教育講演会が行われます。