投稿

違和感を解消する

イメージ
  ご家族が感じる違和感  たすく札幌には、 3 歳未満のお子さんとご家族も相談に来られます。 ご家族の皆さんは、お子さんの発達に、何か違和感を覚えておられました。 例えば、反応が少ない、言葉が少ない、やりとりが成り立ちづらいなどです。 ところが、同時に “ 気をつけたほうがいいことが何か分からない ” と、打ち明けられます。 今と将来を考える  ご家族は、 “ 小さいうちだからできることがあるはず ” とおっしゃいます。 では、子育ては、愛情をもって見守ってさえいればいいのでしょうか? たすく札幌では、お子さんを理解する関わりを大切にします。 特に、ご家族に対して「お子さんが今、どのような状態であるか?」、 「ちょっと先の将来の課題は何か?」を具体的にお伝えするようにしています。 家庭での関わり方が変わる  教育相談や個別療育では、先生とご家族が一緒に参加することで、 お子さんの行動の意味がわかるようになります。 そして、ご家族自身が、ポイントを共有できるようになるので、関わりが変わります。その結果、いつもの遊びや暮らしの中で、人との関わる力がより一層育まれるのです。 発達障害があってもなくても、 子どもの発達に違和感を感じていたら、迷わずご相談に来てください。 2021年度幼児の個別療育 メ ンバー募集  児童発達支援事業をご利用になって『個別療育』を受けることができます。 札幌エリアは、福祉事業所の設置が充実した街であり 、 預かっていただける場所が身近にあります。 また、子どもの発達評価には、クリニックが中心に支援が充実しています。 ところが、 人格形成のための個別プログラムを 提供していく支援機関は、 とても少ないのです。  私たちは、注意深い子育てをするための家族支援や 診断前支援を提供することが、 地域課題だと考えています。 そこで、 たすく札幌 では、幼児期のお子様には、 児童発達支援事業で『個別療育』を提供することにいたしました。 個別相談[要予約] 日程:3/6(土).7(日).20 (土) .21 (日) 時間:13時・14時半・16時

個別療育で力をつける

イメージ
ご家族で子育てをする  たすくの個別療育は、ご家族中心で子育てができることを全力で応援します。 そのため、祝日などには、積極的にご両親で 参加してくださることが多いです。 お父さんとお母さんをつなぐ   例えば、保育園児のパパは、3ヶ月ぶりの療育に参加してくださいました。  お子さんは、いつも以上に気合が入っています(パパに良いところを見せたい!) そして、お父さんは、「机上学習での身体の使い方」や「表出性のコミュニケーションの困りごと」など、父親目線でたくさん発見してくださいました。 そして、 帰り際にお父さんが 「家庭でも工夫しているけど、ポイントをおさえているか不安で…。 だらか夫婦で確かめられてよかったです」とお話しくだり、 お母さんが深くうなづかれている様子が印象的でした。 ご夫婦で成長を確かめ合う   単身赴任中の未就園児のパパは、オンラインで参加してくださいます。 正面にいる大人には、少しずつ関係性が伸びていていましたが、 今回は子どもが画面に映るパパに、出来上がったパズルを見せたり、 1つうまくいったらチラ見したりする様子が微笑ましい。 ママは発見したことをパパに伝言する様子もあり、 子どもの現状と課題を、1つずつ確かめられた有意義な時間でした(^^) 余談ですが、パパは「 通信速 度の速くて、 映像がきれいだ」と、 子どもの活動がよく見られたことも、喜んでくださっていたようです。 コロナ禍で改善してきたことが生かされて、嬉しい! 2021年度 幼児の個別療育 メンバー募集  児童発達支援事業をご利用になって『個別療育』を受けることができます。 札幌エリアは、福祉事業所の設置が充実した街であり 、 預かっていただける場所が身近にあります。 また、子どもの発達評価には、クリニックが中心に支援が充実しています。 ところが、 人格形成のための個別プログラムを 提供していく支援機関は、 とても少ないのです。  私たちは、注意深い子育てをするための家族支援や 診断前支援を提供することが、 地域課題だと考えています。 そこで、 たすく札幌 では、幼児期のお子様には、 児童発達支援事業で『個別療育』を提供することにいたしました。   最終申込み 3月7日(日)   ( 入会面談2月2日から順次実施中) ずっと一緒だよ! 一貫性と継続性のある支援を!

ご家族中心の子育てのために

イメージ
一人一人の教育的ニーズに応じた教育  令和3年2月8日、文科省で「 新しい時代の特別支援教育の在り方に関する有識者会議報告 」が取りまとめられました。特別な支援を受ける子どもたちの人数は増加していて、その傾向は北海道でも同じです。ここでは、インクルーシブ教育システムの構築に向けて、特別支援教育をさらに進展させていくための議論がなされています。   就学前における相談支援の充実  報告には『障害のある子どもの学びの場の整備・連携強化』の章があり、はじめに「就学前における早期からの相談支援の充実」がまとめられています。その内容には「発達障害の幼児期の気になる行動が障害の特性によるものであることに気が付かず、 不適切な対応をとってしまう」ことのリスクなどが指摘されています。  そして、子供の就学相談や学びの場の検討等の支援について「子供たち一人一人の教育的ニーズを踏まえた適切な教育を提供するため極めて重要である」とし、教育支援資料の内容を充実することなどが明記されています。  しかし、たすくへご相談に訪れるご家族は、とても困っていらっしゃいます。 その多くは、ご家族が子どもの教育的ニーズを理解したり、先生とそれを共有したりする難しさです。また、子どもの現状と課題にあった学びの場を選択したり、その視点を把握したりすることがです。  <よくあるご相談> ・発達検査を実施して結果を教えてもらっても、具体的な関わり方がわからない。 ・就学を控えているけど、適切な学びの機会がどこなのかわからない。 ・見学をするにあたり、どのような視点で比較すればいいかわからない。 ・子どもの学習支援、生活支援をするポイントを、伝えることが難しい。 子どもを理解するための個別セッション  最良の支援は、ご家族が気付かれている困りごとを理解して、注意深く子育てができることだと考えています。一人ひとりの脳と身体の特徴をしっかり調べてから療育、教育、支援を続けることが、お子さんの能力を最大限伸ばすからです。 そして、私たちは、それを全力で応援します。  そこで、 たすく札幌 では、 J☆sKepsアセスメント を実施して、 子どものピークの力を知り、明日からの療育に役立つプログラムを作成します。 ◉参加者募集 令和3年度『第一期(春期) 個人別の課題学習』    [対象者] 未就学児とそのご家族18組  

見立てた後に何をしたらいい?

イメージ
一人ずつ異なるニーズに応じる たすく札幌は、一人ずつのアセスメントを行って、 ご家族と1年間の療育支援のプログラムを話し合っています。 それは、 子どもたちの状態は変化しますし、 活動場面で求められる社会性も変容するからです。 ただ、就学以降には、 一人一人に応じた見立てやプログラムを 協議できる機会は極端に少なくなるようです。 分かりづらい困りごと  得意・不得意の状態は、外見からは分かりにくく、 現状の課題や将来が分からないと、不安が募ります。 また、現状をよく分からないまま過ごしていると、適切な療育支援が行えずに、 お子さんは自己不全感を強く感じてしまう可能性があります。  もし、ご家族が、 子どもの様子にお気づきになっていて、 次に何をしたらいいか をお悩みの場合には、すぐに相談してください。 入会相談の予約を開始いたします! 2021年度の新規入会生の募集にあたり、12月・1月の早期予約を承ります。 私たちのアセスメントは、特別支援教育の学校現場でも採用していただき、 現在も年間1000名以上のアセスメントを委嘱されている教育相談パッケージです。 [お申込]https://tasuc.com/school/sapporo/ [期 日]2020年12月19日(土)・26日(土)      2021年  1月16日(土)・30日(土) [時 間]①13時 ②14時半 ③16時(要予約) [募 集]限定12組 ずっと一緒だよ! 一貫性と継続性のある支援を! たすくグループは発達障害の専門家集団です。 一人ひとりのお子様に応じて理解し,それぞれに最適な療育方法をご提案します。 たすくは自閉症,アスペルガー,ADHD,LD(学習障害)など幅広い発達障害の療育に携わり,10年の歴史がある療育専門機関です。 私たちは、一年に一度、ご家族とスタッフが一堂に会するアセスメントを軸として、共に未来に向けた療育プログラムを作成し、ご提案いたします。 お子様の困り感に寄り添い、一つひとつスモールステップを踏みながら、一貫性と継続性のある支援を一生涯をとおして行っていく基盤をご用意しています。

実践発表からたくさん学べた“教材マスターの集い”

イメージ
こんにちは、たすく札幌の渡邊です。 12月13日、教材マスターの集いMAXを開催いたしました。 教材マスターのみなさんが集う! 教材マスターのつどいMAXは、 年2回開催されるご家族による実践発表で、私たちが大好きな企画です。 日々の療育支援の実践をしているご家族や支援者の皆さん、 教材マスターの方々との実践交流の場です。 今回は、2組の小学生のご家族に、発表していただきました。 メンバーの実践からたくさんの学びがある この企画は、ご家族による実践紹介のほか、教材を持ち寄ってワークショップを行い、 使い方の工夫や改善策を話し合うなどの演習があります。 しかし、2020年はコロナ禍の中でのオンライン開催だったため、 ワークシートとチャット機能をフル活用して行いました。 演習では、そのテーマを 「子どもの状態を理解すれば、社会参加のための具体的な療育支援が行える」と題して、 実践家の皆さんの見立てをご紹介し合うストレングスアプローチを行いました。 ・「具体的な困りごと」 ・「手立てや配慮の意図」 ・「具体的な手立てや配慮」 ご家族、支援者は一緒になって熱く語り合い、 たくさんの気づきを得ることができました。 2021年度  療育プログラム参加者募集 2021年度入会をご検討のご家族にむけて、個別の教育相談を実施しています。 👉申込み   https://tasuc.com/school/sapporo/

ご家族と特性の理解と配慮を話し合う

イメージ
教育的ニーズに応えられる環境を  たすく札幌に通っている子どもたちは、様々な学びの場に所属しています。それは、通常の学級、通級による指導、特別支援学級、特別支援学校などであり、連続性のある多様な公共の学びの場です。できる限り一人一人の教育的ニーズに応えられる機会が求められています。  しかし、ご家族は、その基本となる『子ども理解』についてお困りになっています。だから、私たちは、ご家族が「子ども理解に基づく子育て」が実現できるように、アセスメントをとおして、特性の理解と配慮を話し合っています。 一堂に会するアセスメント  今回は、ある中学生のアセスメントの一部をご紹介します。先日、特別支援学級に通う中学生のご家族とアセスメントを実施しました。そこでは、一年間の成果と機能的な目標の再評価をテーマとして,J☆sKeps™の各項目及び全体的な状態像を明らかにしていきました。  また、思春期に入って自我の芽生が著しかったので、本児との関わり方や、お父さん・お母さんの役割を確かめていく機会となりました。 👉相談申込み   https://tasuc.com/school/sapporo/ J☆sKeps TM は,たすくの療育の柱   J ☆ sKeps TM は,子どもが, 多くのことを学ぶための基礎であり、中核であるポイントをまとめたものです。アセスメントをとおして、J ☆ sKeps TM の「平均点」と「アンバランスさ」,「強み・弱みと芽生え」を確かめ ていきます。また,適した療育の形態を評価することもできます。そうすることで適切な環境を判断して、「静態的な環境」から「流動的な環境」へステップアップしたり,社会性の学習を重視したりするように切り替えることができます。 1年間の成果を確かめる   アセスメント中の本児は、 活動中に終了時間を意識したり,個別化された環境下で自主性が高まったりすることが、当たり前に実行できるようになりました。そして,他者とやりとりしながら課題を遂行する力が伸びてきました!そして、身体づくりの成果もみられましたね。特に、行動指標が自覚されていると、つぶやきながら実行する癖がついてきました 。  この一年、丁寧に 進めてきたJ ☆ sKeps TM アプローチによって、昨年芽生だった「 セルフマネージメント 」と「 表出性のコミュニケーション

家庭生活もアセスメントする

イメージ
子ども理解に基づく子育てにむけて 私たちは、アセスメントを基軸にした療育・療育・支援の提供しています。それは、私たちは、ご家族が「子ども理解に基づく子育て」が実現できるようにすることを目指しているからです。 今年度は、8月から12月まで、毎週アセスメントが予約されていて、ワクワクしています。  さて、アセスメントは、年度ごとに大きなテーマを持って臨みます。長く療育を続けていく中で、確実に評価改善を重ねていくためです。お子さんとご家族ごとに、困っていることや目標に定めたことは違います。その1つ1つに誠実に答えていくことを、創業以来13年続けていました。 アセスメントは、いつも新しい発見があり、感動があり、目標が見つかります。 その一場面を紹介します。 家庭訪問から始まるアセスメント  青年期をむかえたメンバーのアセスメントでは、家庭訪問から始まります。 「朝から家庭訪問ですか?」と驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんね。そうなんです! 今は、ひと昔前と違い、地域で暮らすことを基本に、様々な支援が組み立てられています。 たすくメンバーは、「将来、好きな街で、役に立つ仕事をしながら暮らすこと」を望んでいるので、生活スキルの獲得が重要になります。また、移動スキル(徒歩・公共交通機関)の獲得は、仕事のみならず、レジャーでも必要になります。だから拠点となる家庭生活を整え、日常生活を遂行の状況を評価改善することを重要視しているのです。 自分でしているADLのチェック  男性は、知的障がいのあるASDがあります。8年間お付き合いしているご家族です。 このアセスメントでは、「子ども理解に基づく子育て」のモデルケースとも言えます。  朝の1時間で、子どものキャラクター、学習スタイルを捉えられた支援がチェックできました。それは、過去のアセスメントの中で 『(言われれば)できるADL』 と評価されていたものが、 今回の家庭訪問では 『(自分で)しているADL』 として確認できたからでした。 例えば、以下のようなものです。  ・時刻によるスケジュールの実行が習慣化している    (食事時間、身支度の開始、出発時間など)  ・家族の役割があって、毎朝こなしている    (朝食の準備、布団あげ、ペットの餌やりなど)  ・出発までの身支度が、無駄なく遂行している    (着替え、荷造り、マスクな

ボタンをクリックするとたすくのWebサイトにジャンプします

たすく札幌教室では、個別相談会や勉強会などを開催中です!

詳細はたすく札幌教室の紹介ページをご覧ください。

【アクセス】
住所:〒064-0802 札幌市中央区南2条西20丁目2-1ワコービル2F